当院の新型コロナウイルス感染症対策

当院では、この度の新型コロナウイルス感染症の流行に対しまして、患者様が安心して受診していただけますよう、3密回避、環境整備、職員の体調管理を徹底し、下記のような対策を行っております。
また、政府の指針、関連学会からの提言に基づいた迅速な対応を行うだけでなく、最新の知見に基づいた当院独自の取り組みも積極的に行い、感染対策に努めております。

発熱外来の実施

発熱、咳などの症状があれば正面入り口のインターホンを押してください。
職員が診察場所へとご案内させていただき、その場で医師による診察をいたします。(当院向かって左手に診察場所を確保しております)

このような対応をお願いするのは、国が指導する内容では、新型コロナウィルス感染症患者がすり抜ける恐れがあるためです。感染を拡大しないように、受診者と他の人との接触を極力少なくして、感染拡大を防止するための措置ですので、皆様のご理解、ご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願いいたします。

仕切りカーテン使用、アルコール消毒による環境整備

受付や処置室には飛沫拡大防止のため、仕切りカーテンを設置しております。診察室の椅子や扉は1時間ごと、接触面や医療機器、物品などは随時、アルコール消毒しております。また、院内には患者様が使用可能なアルコール消毒薬を設置しています。

換気、空気清浄対策

診察室、内視鏡室、処置室は一定時間ごとに十分な換気を行っています。また、各フロア、診察室、処置室に空気清浄器を設置し、院内感染防止を図っています。

内視鏡前処置、内視鏡実施時の工夫

日本消化器内視鏡学会の提言に基づき、飛沫を誘発する前処置の回避、運用変更を行いました。また、内視鏡医および担当スタッフは防護具着用を徹底し、飛沫感染の予防に努めております。

初めて当院に
お越しになる方へ

予約の必要はありませんので、診療時間内にお越しください。
※乳幼児の健診・予防接種は予約が必要となります。お電話にてお問い合わせください。

pageTop